車査定のための書類について

査定してもらうための書類とは?

車を査定してもらう場合、インターネットなどのオンラインを使って査定するときには必要事項の入力などが必要になってきます。

そういう時、すぐに入力できるように自分の車の年式や車種名を覚えていればよいですが、間違いの無いように予め車検証と自賠責保険証明証を手元においてオンライン査定できる準備を整えておきましょう。

実際に、買取店舗で車を査定してもらう場合にも、車検証と自賠責保険証明証は必ず必要になってきます。
これがないと、きちんとした査定を受ける事ができませんので忘れないようにして用意おきましょう。

通常は車のダッシュボードの中に入れてある場合が殆どだと思いますが念のため、査定前にはきちんと揃っているか確認しておく必要があります。

特に車検証は買取価格を決めるときに非常に重要な書類となってきますので絶対に必要です。
そして査定に納得がいき、売却となった場合はさらに必要書類は増えます。

・車検証、
・自賠責保険証明証のほかに、
・自動車納税証明書、
・印鑑証明、
・譲渡証明、
・委任状、
・住民票など多数の書類が必要となります。

クレジットローンが残っている車を売却しようとする場合はクレジット会社の所有権解除書類なども必要になってきます。

これらの書類が揃わないと売買成立に至りませんので、不備のないように気をつけましょう。
殆どの場合、業者の方が段取りしてくれるので大丈夫かと思いますが、オークションなどで個人売買される場合には十分気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする