トヨタ ハイエースバンの査定額の相場

トヨタ ハイエースバンの査定額の相場

トヨタのハイエースバンはトヨタを代表する商用バンで、1967年に登場してから現在に至るまで高い人気を得ている車です。

110_128toyota_hiace_satei_souba

ハイエースバンの最大の特徴は何と言っても広い荷室空間ではないでしょうか。
また商用車ゆえ通常の車に比べてボディ剛性が高いことも特徴の一つです。
たとえば、一般車が片輪を歩道に乗り上げてしまった場合、スライドドアの開閉が困難になるのが普通ですが、ハイエースバンの場合は開閉することができるといいます。
また、荷物の昇降もしやすいことから、商用車としてではなく、ファミリーカーとしても実は人気の高い車種として知られています。

ハイエースバンを改良したワゴンタイプでは4列シート以上の座席を設け、マイクロバスとしての実用性が増えてきました。
ハイエースバンは様々な使い方ができることで、若い男性から年配の男性までをも魅了する車といっても過言ではないのではないでしょうか。

ハイエースバンは一般、商用車として人気が高いことから中古車市場においても需要が高く、比較的高値買取が安定していると言われています。
直近3年のトヨタハイエースバンの査定額の相場をみるとロングスーパーGLというグレードで走行3万キロ未満で170万弱といった額です。
しかし違うグレードになれば走行距離が9万キロほどあっても査定額が230万円近くあるものもあり、査定額の相場はグレード、走行距離、ボディーカラーなどでかなりの違いが出てきます。

ハイエースバンは商用車として使われることが多いことからも、比較的走行距離が多めのものが多く流通してるのではないでしょうか。
つまり、走行距離が短めで状態のよいハイエースバンなら有利な査定が受けられる可能性があります。
安定した高価買取ということもあってか、10年落ちのハイエースバンであっても50万円弱の査定がつくことも珍しくありません。

ハイエースバンの売却を考える際は、まずは複数の業者で査定を受け見積もりをとるようにしましょう。
業者によって数万円以上の査定額に違いがでることもよくあるため、1円でも高く愛車を売る努力はしていきたいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする