スズキ スイフトスポーツの査定額の相場

スズキ スイフトスポーツの査定額の相場

スズキのスイフトスポーツはスイフトのスピーティーグレードタイプの車で、従来のスイフトの1.2リッターエンジンよりも少し大きめの1.6リッターエンジンが搭載されています。
またスイフトに比べて足回りも強化され、快適な走行性能を実現するコンパクトスポーツカーとして人気があります。
また、エアロパーツの装着により外観がより一層格好よさを増し、女性に人気の高かったスイフトでしたが、スイフトスポーツの登場により男性をも魅了する車となって注目を浴びるようになりました。

113suzuki_swift_sport_satei_souba

スイフトスポーツの販売台数は思いのほか少なく希少性の高い車ゆえ、中古車市場においても需要が高く比較的高値安定型の車とも言われているようです。
3代目となる現行モデルじゃなく、初代のモデルであっても有利な条件での売却が期待できます。

スイフトスポーツは車好きにはたまらないクラッチペダルを備えた仕様も人気があります。
便利な乗り物よりも、運転が楽しくなるような車が近年売上を伸ばしているのだとか。
MT車となればAT車に比べてさらに流通台数が少なくなるため、買取価格にも有利に影響しています。

そんな現行モデルのスイフトスポーツの査定額の相場は直近3年でみると走行が4万キロ未満であれば110~125万円といったところで高い評価だということがわかります。
マイナーチェンジ前のスイフトスポーツでみても、2006年式で4万キロ未満の場合、95万円前後となっており、3年以上年式がおちても査定額の相場は高値を維持していることがわかります。

これをみてもやはりスイフトスポーツの希少性と人気の高さをうかがうことができますよね。
もちろん同じスイフトスポーツであってもグレードや色、年式といった条件によっては査定額に当然違いが出てきます。

査定を受ける場合は愛車のセールスポイントをアピールしたり、少しでも印象がUPするよう綺麗にしおくことも高値買取のポイントになってきます。
またスポーツ車を専門に取り扱う業者で査定を受けるのもおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする