ダイハツ タントカスタムの査定額の相場

ダイハツ タントカスタムの査定額の相場

タントといえばダイハツを代表する人気軽自動車の一つです。
何と言っても広い室内空間ではないでしょうか。
車高があり大人でも窮屈間を感じることなく、広々とした開放的な空間は圧巻です。
またタントの中でもエアロパーツを装着したタントカスタムはとりわけ人気の高いグレードで、引くてあまたです。

114daihatsu_tanto_custom_satei_souba

ファミリカー仕様でありながら格好いい外装を好む男性をも虜にする軽自動車として支持を得ているのはいうまでもありません。
また、タントがもつ多彩なシートアレンジにより実用性も高く、リアシートを格納すればより大容量の荷室となり自転車でも簡単に乗車が可能になります。
こういった仕様はやはり子供をもつファミリーには大人気で、軽自動車ということで燃費にもすぐれ、節税にもなるとなればなおさらでしょう。

タントカスタム2007年のフルモデルチェンジ以降に登場しており、比較的まだ新しいグレードになっています。
特にターボモデルやスダイドドアを装着したモデルが高人気で、中古車市場においても高値で安定した車種となっています。

ターボなどは通常のダイハツタントにはないグレードとなっており、タントに比べて新車購入時もやはり割高ではあるものの、買取時には優遇されることは間違いありません。
とくに2011年以降に登場している燃費性能が向上したタントカスタムともなれば、なおさら好条件での売却が期待できると言えるでしょう。

タントカスタムの査定額の相場は人気の高い2011年式のカスタムLというグレードで見ると、走行距離で違いがでてくるものの平均相場は80~90万円となっています。
カスタムRS-TBはもう少しUPして95~110万円といったところです。

グレードによっても買取査定額は10~20万前後左右してきますが、平均して高い査定額が相場になっていることがわかります。
以降年式が古くなれば当然査定額も下がってきますが、2007年式あたりまでは50万円を維持できるのではないしょうか。

ただ、一概には言えずグレードやボディーカラーや車両の状態によっても査定額は変動してきます。
査定を受ける前は少しでも印象をあげるために努力は惜しまないようにしていきましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする