トヨタ エスティマハイブリッドの査定額の相場

トヨタ エスティマハイブリッドの査定額の相場

トヨタのエスティマはあまり大きすぎず、かつ乗車性、乗り回しの便利さが良いというイメージのミニバンといった印象の強い車です。
トヨタ自動車でのミニバンを選ぶ際に、アルファードとエスティマを並べて悩むユーザーも多かったのではないでしょうか。

エスティマは2000年にフルモデルチェンジが行われたあとの2001年になって、エスティマハイブリッドという新グレードが投入されました。
これにより燃費性能が向上しエコカーの仲間入りを果たした結果、これまで以上にエスティマへの関心が高まり人気を集めました。

115toyota_estima_hybrid_satei_souba

初代のエスティマハイブリッドはTHS-Ⅱというトヨタでよく使われる動力配分機構を使用せず、CVTという無段階変速ATを採用していましたが3代目以降にはTHS-Ⅱが用いられ直列4気筒2.4Lエンジン搭載の4WD仕様となっています。
燃費はJC08モードで18km/Lまで向上し、コンパクトカー並みの燃費を実現するまでとなりました。
これまでエスティマは燃費の悪さがネックでしたがエスティマハイブリッドの登場によりウクークポイントを見事解消する形となりました。

こうして実用性の高いミニバンとなったエスティマハイブリッドは人気も高く、新車では少し予算オーバーという人にとって程度のよい中古車はまさにねらい目となっています。
そのため中古車市場においても需要が高く高値安定型の車といえるでしょう。

エスティマハイブリッドの査定額の相場は直近モデルの2012年式で見ると総経距離が5万キロ未満で270~280万円といった高額査定となっており、2万キロ未満になると300万円を超えてきます。
もう少し年式が下がった2008年式でみても走行5万キロ未満の場合で160万円前後ですが2007年以前の年式になると査定額も一気にさがり走行5万キロ未満と同じ条件でも90万円前後となっています。

これをみると2008年が一つの区切りになっていることがわかりますが、査定額はあくまでも相場でありグレードや色、年式によっても差が生じます。
査定は一つの業者に絞らずいくつかの業者で査定を受け、見積もりを競合させるのも高く売るコツとなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする