スバル インプレッサの査定額の相場

スバル インプレッサの査定額の相場

レガシィの下位モデルとして登場したインプレッサは現在もラリーカーとして活躍しているスバルを代表する乗用車です。

119subaru_impreza_satei_souba

インプレッサにはインプレッサスポーツというグレードもあり、こちらは独自のサスペンションにより安定した走行、快適な乗り心地を誇るハッチバックタイプの乗用車となり、こちらも若い男性を中心に高い支持を得ている車です。

現在発売されているインプレッサは4代目となり2011年にモデルチェンジしています。
インプレッサは2007年の3回目のモデルチェンジの時に、ワゴンタイプからセダンタイプのインプレッサとスポーツタイプのインプレッサの2種類が投入され、現在もこのモデルが中古車市場においては主流となっています。

また市場でも安定した人気があることで大きな値崩れもないのが特徴です。
ただ主流はハッチバックタイプのものになるためセダン人気は衰え気味となっています。

また3代目から登場したSUVタイプのXVモデルは根強い人気で査定時においても優遇されると言われています。
インプレッサはヨーロッパを中心とする海外でも人気の高い車種となっており、一時期日本での盗難事件が相次いだそうです。

そんな人気の高いスバルインプレッサの査定額の相場はいくらなのでしょうか。
セダンタイプのインプレッサでみてみましょう。
モデルチェンジ後の直近2年の年式で、走行2万キロ未満の場合で200~210万円といった相場となっており比較的高額です。
モデルチェンジ前の年式で5年落ちの場合、走行5万キロ未満で85~90万円あたりとなっています。
それ以前になると一気に40万円ほど値が落ちてきますが、それ以後は1年落ちるごとに5万査定が下がるといった感じです。

年式によって査定額に大きな違いるのが特徴のインプレッサですが、年式や走行距離以外にもグレードや色、オプションなどによっても査定額は違ってきます。
最近ではネットを使えば一度に複数社の見積もり依頼ができるサービスもあるので、そういったものをフルに活用してより高く買取してくれる業者探しをしてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする