ポルシェ カイエンの査定額の相場

ポルシェ カイエンの査定額の相場

ポルシェといえば、言わずと知れた超高級外車ですが、スポーツカーとしてのイメージが強いポルシェの中でも異色ともいえるのがポルシェカイエンの存在です。

124porche_cayenne_satei_souba

カイエンはSUV型の車でプラットフォームの基本部分がアウディQ7やフォルクスワーゲントゥアレグと共通しています。
ただエンジンなどのメカニズムは異なる点も多いのが特徴で2002年に登場して以来、注目の高い車となっています。
4年置きにモデルチェンジをおこなっており現在のモデルに至ります。

SUVであってもスポーツカーとしての持ち味を生かしたSUVは通常のポルシェに比べると安価であると言います。
通常、下でも1000万円は下らないポルシェであっても、このカイエンは800万円台からグレードが取り揃えられており、あこがれのポルシェを手に入れる人も少なくありません。
またファミリーであっても使用できるカイエンはポルシェブランドの中でも人気が高くなっているのは言うまでもありませんよね。

ただ、悲しいことに新車購入時はとても高く、売却時には驚くほど安い値が付けられるのが外車のサガです。
それにいたっては天下のポルシェも例外ではなく、新車購入価格に比べての下取、査定額はどうしても低めとなってしまいます。

逆に言えば、新車ではとても手が出せないユーザーにとって程度のよい中古のポルシェはとてもねらい目でもあり、中古車市場においても流通台数こそ少なくても比較的需要の高い車と言えるのではないでしょうか。

たとえば直近2年の2014年のモデルでの査定額の相場は走行2万キロの場合、850~900万円とまだこのあたりでは比較的査定となっています。
ただ年式が4年、5年落ちになってくると一気に査定額の相場は急落し、400万円台や300万円後半の査定額が相場となってきます。

4,5年のうちに新車購入額の半値以下まで落ちてしまうのは少し悲しいですが、やはりそこは外車ならではの特徴であり、購入前はこうした実情もしっかり把握しておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする