ホンダ N-ONEの査定額の相場

ホンダ N-ONEの査定額の相場

ホンダのN-ONEはホンダの新しい軽自動車で2012年末に新登場したばかりの、まだまだ歴史の浅い車です。

125honda_n_one_satei_souba

NBOXと共通化されたプラットフォームであることから、全高も1.6mと高く、室内空間はとても広くなっています。
またN-ONEは47年前に販売されていたN360がモチーフにもなっていると言われています。

快適な乗り心地や充実した内装であることから男性からも人気をあつめる軽自動車として支持を得ています。
新車時の車両価格も比較的安価設定されていることや、ハイブリットなみの低燃費、カラーバリエーションが豊富であることも人気の理由です。

ホンダ車といえば、私なりの唯一の欠点が内装のチープさが否めませんでしたが、最近のホンダ車にはそういった印象を受けないほど内装がとても充実してきたように思います。
N-ONEも価格の割にとても充実した内装であり、買う人を魅了するのではないでしょうか。
外観もどこかレトロな感じを残しつつも現代にマッチした外装は、人とは違った感覚を求めるユーザーに受ける要因だと思います。

そんなN-ONEの気になる査定額の相場ですが、実際まだ登場してから2年未満ということもあって中古車市場において流通台数が限られています。
そのため買取時には有利な条件で取引できるのではないでしょうか。
あと1,2年もすれば中古車市場でも流通台数が増えてくるため、そのころになると今より評価は少し下がってきます。
売却するのはそういったタイミングも考慮していけば高く売れる可能性が十分にあるということですね。

N-ONEの査定額の相場は初代発売の2012年式で走行が2万キロ未満の場合で80~83万円が相場となっています。
新車価格が120万弱の車両ですので、高評価であることが伺えますね。
走行距離が10万キロを超えるものでも査定額の相場は60万円を切ってくることはないようです。

N-ONEの中でも特に人気が高いのがプレミアムと呼ばれるエアロパーツが装着されたグレードです。
プレミアムが外装にとどまらず内装も充実した装備であることから人気が高いようです。
査定額は走行距離に限らず、グレードやボディーカラーなどによっても違いが出てきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする