マツダ プレマシーの査定額の相場

マツダ プレマシーの査定額の相場

マツダのプレマシーは1999年に発売された中型サイズのミニバンです。

126mazda_premacy_satei_souba

全高が1.7m以下とミニバンにしては少し低目の設定になっている車です。
3列目シートも設置されていることから乗車性もあります。
また荷物が多いときには3列目を荷室にすることも可能で、ワゴンとしての性能も優れていると言えます。

初代は横開きのドアでしたが、2005年以降はスライドドアの人気をうけてプレマシーもスライドドアが採用されより乗車性のよい車へと変化していきました。
また2列目シートはベンチ&セパレートタイプとなり使い勝手も大変良いと人気です。

2010年にはフルモデルチェンジが行われ、より走行安定性能にこだわり駆動力、燃費性能も向上させよりよい車へと変化を遂げました。
ただ、全高が低いことで、近年人気の背の高いミニバン人気に押されているのが実情でプレマシーの売れ行きは少し伸び悩んでいると言われています。

しかしながら背が低いことでスポーティーな印象を受けるプレマシーはカッコよさを好むユーザーには受け、とくにエアロパーツを装着したグレードが人気をあつめているようです。

査定時においてもやはり人気の高いグレードが優遇されるのではないでしょうか。
プレマシーの査定額の相場は直近3年の3万キロ未満の走行距離でみると75~80万円が相場になっています。
少し安い印象を受けますがもともとの新車車体価格が185万~250万ということを思えば妥当な査定額ではないかと思います。
5年落ちで同じ3万キロ未満の場合で45~50万円が相場となっており、これを見る限りではプレマシーはコンパクトカーの扱いに似た感じかなと思います。

査定額はグレードやカラー、オプションパーツや走行よりなどによっても誤差が出てくるため実際の査定額は相場よりも低く出ることもあれば高く出ることもあります。
あとこれまでの経験上、やはりメーカーブランドでも査定額に違いがあるのではないかと思います。
正直マツダ車の査定はトヨタ、日産車に比べるとどうしても低い評価が出やすいといった印象を受けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする