スバル レガシィアウトバックの査定額の相場

スバル レガシィアウトバックの査定額の相場

スバルのレガシィアウトバックはツーリングワゴンをベースに開発されたSUVモデルの車で、海外でレガシィアウトバックとして親しまれています。

127subaru_legacy_outback_satei_souba

国内ではランカスターがこのアウトバックに該当する車輌となっていましたが、2003年以降は国内でもアウトバックとして発売されています。

レガシィアウトバックは走行性能に優れており、凹凸のある道路でも快適な走行を実現します。
また現行モデルにはアイサイトが装着されており、衝突危険予知、衝突不可避時の自動急ブレーキの作動が発信されるなど優れた安全性能をもっています。
CMではぶつからないクルマとして一躍有名になったのがレガシィですよね。

レガシィアウトバックは新車時の価格が少し高価であるにもかかわらず、下取り時には値が崩れ、少し安価だと言われています。
そのためか、良質な中古車を狙うユーザーも多く、中古車市場においてのレガシィアウトバックは需要が高く査定時においても優遇されるのではないでしょうか。

アウトバックはツーリングワゴンやレガシィB4に比べ少し落ち着いた外観を持ち合わせていることもあってか、若い世代に限らず中高層にも支持を得ている車です。
レガシィにはいくつか種類があって、セダン型のB4、ワゴン型のツーリングワゴン、SUV型のアウトバックとにわかれます。

それぞれニーズに合わせた仕様になっており、アウトバックはSUVということもあってスバル最大の3.6Lの排気量エンジンが搭載されているのが特徴です。
燃費性能で言えばB4、ツーリングワゴンに劣るものの悪路においての操舵性は非常に高く、B4やワゴンとは比べ物になりません。

そんなレガシィアウトバックの直近3年のモデルの査定額の相場を見てみると走行距離が3万キロ未満の車両で135~140万円が相場となっています。
新車価格が275~380万円であるのと比べるとはやり半額をきることもめずらしくなく、新車価格との比率が低いことがよくわかります。
もちろん査定額はグレードやボディーカラー、オプションや車両の状態によっても当然違いがでてきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする