トヨタ ハイエースの査定額の相場

トヨタ ハイエースの査定額の相場

ハイエースといえば日本を代表するといっていいほどの大きなバン、ワンボックスの車でトヨタ自動車が販売しています。
ハイエースは主に商用車としての利用が多い車で国内にとどまらず東南アジアを中心に海外の人気も大変高い車と言われています。

110_128toyota_hiace_satei_souba

トヨタのハイエースはその種類も豊富です。
初代はハイエースバンで小型のトヨエースとして販売されていました。
そしてハイエースワゴンの登場後、1968年にはスライドドアを備えた6人乗りのデリバンも登場しています。
1年後の1969年には4列シート、12人乗りのコミューターシリーズも登場し、ハイエースは発売以来さまざまなシリーズ展開をしている歴史の長い車です。

現在もハイエースは救急車やマイクロバスにも使われれており商用車としての活躍も飛躍的ですが、一般ユーザーからの人気も高い車になっています。
ハイエースロングなど、オリジナルに内装を改造して楽しむユーザーも多いです。
現在のハイエースはスタイリッシュになり様々な機能も追加され、より快適に乗れる車へと変化しています。

トヨタのハイエースの査定額の相場は新車購入時の価格が高めであることもありますが、売却時においても人気車種のため優遇される傾向にあります。
中古車でも高い車というイメージのあるハイエースですが、実際査定額も100万円を超えるものが多いです。
5年落ちで走行が4~5万キロぐらいの場合で180万~200万円ぐらいが査定額の相場と言われています。

ただ、ハイエースにはいろんな種類があり、グレードも様々です。
査定額もグレードやハイエースの種類によっても違いがありますし、走行距離や車両の状態によっても査定額に開きがでることも多く、売却時には慎重な見積もりが必要になってきます。

一つの業者だけに絞って売却を決めるようなことはせず、手間がかかっても複数の業者で見積もりを受けるようにしましょう。
業者によっては10万円以上も査定額が違ってくるということもざらにあるといいます。
ハイエースは人気車種で海外でも高額な取引がされている車であるため売却時は非常に有利になるのではないでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする