車の下取り価格の相場や価格表などについて

車の下取りの諸事情

車の下取りとは、車購入の際にそれまで乗っていた車を、新しく購入する車を売っているお店に買い取ってもらい、新しい車の軍資金に充てることです。
車を買わない場合は買取ということになります。

車購入の際、この下取りしてもらえる車があるか無いかで次の車の購入価格に大きく響きます。
出来るだけ高額で下取りしてもらいたいと思うと、ある程度の年式で売る必要がありますが、普通車の場合、5年乗ってもまだ車体価格は十分残っています。

人気車になれば5年乗っていても信じられないような下取り額になることもありますが、軽自動車の場合5年を越えると、あまり査定額は残っていないと思われます。
下取り額に納得がいかない場合は、買取業者へ持ち込んで車を売却するほうが、少しでも高く売れるかもしれません。

車の下取り価格の相場を知る!

車の下取り価格にもやはり相場があります。
下取り価格と買取価格は若干違うものです。

ただ買取と違って下取りの場合の相場は簡単にはわかりません。
買取価格の相場に近いと思っていれば、ほぼ間違いないと思いますが、買取価格より下取り価格のほうが低いことのほうが多いそうです。

しかし、決算期など必死で車を売ろうとしている時期は、買取価格とほぼ同等か、それ以上の下取り価格を実現することもあるので、上手くタイミングをはかっていくのも戦略の一つと言えるでしょう。

車買取業者には下取りの価格表というものがあり、それを基準に査定をしています。
人によっては実際に見せてくれることもあるので、下取り価格が信用できない場合は、見せて欲しいと頼んでみましょう。
そういった価格情報を見せて貰えれば、下取り価格の相場もつかめてくるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする