車を売却するときの査定相場や、売却時のローンなどについて

車を売却する際の相場について

車にはそれぞれ相場があり、売却時にこの相場価格が一定の基準になります。
年式や車種などである程度の相場は決まっています。

あとは査定士による目視と、それぞれの業者での基準査定価格を元に、買取価格が決定していくものです。
買取業者が後に買い取った車でどれくらい利益を出すことができるか、人気車種か、すぐでも買い手が決まりそうな車かどうかで相場価格よりプラスされることになるでしょう。

相場価格はあくまでも基準なのでそれより下回ることもあれば、プラス査定により上回る可能性もあるということです。

車を売却するときの査定

車を売却する際、必ずプロの査定士による、査定が必要になってきます。

査定では年式、走行距離、車種や事故歴等を見て買取価格を算出していきます。
ここでご自身が買取価格に納得がいけば売却が決まります。

最近は概算ならインターネットを使って簡単に査定できるので、売却を考えているならば、まずはこちらを試してみてはいかがでしょうか?
少しでも高価買取してくれる業者を探せるはずです。
携帯からでも出来るサイトもあるようです。

車の売却とローンの関係

車を売却をしたいときに、ローンが残っていた場合に売却可能なのか心配になると思いますが、売却は出来ます。

以前はローンがある車はダメだと断られるケースもありましたが、最近はそういう業者はあまりありません。
基本的にローンが残っている車の名義は、銀行ローン以外は、ディーラーなどが所有者になっているはずです。

そういう場合は売った車のお金で返済するか、残ローン額分だけ新たにローンを組みなおすかで売却することが可能になります。

売却先の店舗で詳しく説明してもらえると思うので、該当する場合は聞いてみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする