事故車の見分け方、ポイントについて

事故車の見分け方を詳しく知ろう

査定士は事故車の見分け方を身につけているので売却する際、嘘をついたり隠していても事故車かどうかはすぐにばれてしまいます。
が、素人はそういった知恵を持ってないがために、中古車購入時に業者側から事故車ではないと言われたら、それを鵜呑みにしてしまいます。
そして購入したら事故車だったなんてことはザラではないでしょうか。

そういった目に遭わないためにも簡単な事故車の見分け方をいくつか紹介します。

・まず、ボディーにゆがみが無いかをよく見てください。
・トランクに微妙な隙間がないかなどチェックしてください。
・また、トランクの下を剥がして見て、修正跡や衝撃時に出来たシワのようなものが無いか、
・ボンネット内のボルトやナンバープレートのボルトに開け閉めしたときに出来る欠けはないか、
・ライト点灯時の右左のライトの高さにズレはないか、
・前ドアの下部分に溶接跡があとがないか、
・塗装にムラがないか、ドアとボディーの塗装に違いはないか
・・・など、素人でも見わけが付く箇所はいくつかありますので、しっかり見極めましょう。

こうした見分け方を知っているか知らないかでも大きく違ってきます。

中古車と事故車の見分け方

中古車を購入するとき、その車に事故歴があるか無いかが気になりますよね。
事故歴があるかの見分け方を知っていれば購入するときにチェックできます。

また、修理箇所によって、どれだけの事故をしたかがの検討もつけることができるのです。

例えば見分け方の一つに、事故によってボディーにゆがみが出た場合に修正機にかけるための溶接した痕跡があるかどうか。
この痕跡はタイヤ付近のジャッキアップポイント周辺にあります。

他にもボンネット内のボルトやナット、ナンバープレート等を見ても修復歴があるかどうかが判断できますので、中古車を購入する際はしっかりと見てから決めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする