ユーザー車検の手続きや代行サービスなどについて

ユーザー車検とは?

ユーザー車検という言葉を聞いたことがあると思いますが、いったいこのユーザー車検とは何のことか知っていますか?

ユーザー車検とは、ディーラーや車検代行業者に依頼せずに、自分で車検を行なうことです。
ユーザー車検は代行手数料や整備料金、納車費用などコスト削減が出来るメリットから少しでも費用を抑えたい人に好まれています。

しかし、陸運局は平日しか受付できない、時間も半日がかりになるということのデメリットもあります。

また、新車購入後初の車検ならともかく、定期点検を受けていない車の場合、不具合など出やすいという面もあることから、車に精通した人でない場合は少々気をつけなくてはいけません。

普通の車検でもユーザー車検でも掛かる税金は同じです。
最近は安く車検を引き受ける業者もあるので、しっかり比較した上で車検方法を選ぶようにしましょう。

ユーザー車検を代行できる?

定期的に整備点検を受けているため、車検時の点検は不要な人、費用を抑えたい人にはユーザー車検はもってこいです。
しかしながら、全ての手続きを自ら行なわなければならないユーザー車検は、魅力的でもありながら、その方法がわからない人も沢山いると思います。

そんな時オススメなのが、ユーザー車検代行サービスというものです。
ユーザー車検代行サービスというのは、陸運局の検査を受けに行くのを代行してくれるものです。
基本的に点検・整備は伴いません。

平日に陸運局まで足を運ぶ時間の無い人などにはこの代行サービスは大変便利です。
必要経費+代行手数料1万円前後で車検が完了します。

しかし、注意としてユーザー車検は、定期的に整備を受けている車か、自分でメンテナンスを行っている人に適した車検方法です。
ただ費用を削りたいという思いだけで受けては、後々、車の故障や不具合に気付かないというトラブルの原因にもなりますので、十分気をつけましょう。

業者に頼んでしまうなら、サイトで予約できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする