ユーザー車検の予約方法について

ユーザー車検の予約はどこでできる?

ユーザー車検を行なう場合、各都道府県にある陸運支局か民間車検工場へ事前に予約しておかなければいけません。

とくに陸運局は一日に受けられる車検台数がある程度決まっているため早目の予約が必要です。
陸運局での車検の予約は、電話でするか、国土交通省のHPより予約ができますので、2週間ほど余裕をもって予約しましょう。

民間車検工場への予約は、工場に直接電話して事前予約しましょう。
早めの予約をすれば、オイル交換無料サービスや割引などのお得なサービスが受けられたりします。

気をつけなければいけないのが、車検後に改造した車輌は、陸運局での車検が必要だとうことです。
間違いが無いように、ユーザー車検を始めて行なう場合は、陸運局で受けるほうが無難ではないでしょうか。

陸運局でのユーザー車検の予約について

陸運局でユーザー車検を受ける場合の予約の方法として、インターネットを使ってオンライン予約する方法と、音声ガイダンスによる電話予約とに分けられます。

予約は約1週間前から受付できますが、1日の台数が限られているため、希望する日に受けられない可能性もあります。
なるべく2,3週間余裕をもって予約すれば大丈夫だと思いますが。

自動車を初めて公道で走らせる場合と、改造などを行なって始めてとなる車検の場合は、必ず陸運局で車検を受けることが必要になります。
他の民間車検工場では受けることができません。

また、軽自動車のユーザー車検は、普通自動車とちがって、陸運局での車検ではなく、軽自動車検査協会というところでの車検になります。
陸運局で軽自動車の車検は受けられないので気を付けましょう。

車検予約について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする