ユーザー車検の費用について

ユーザー車検の費用の詳細

ユーザー車検は、普通のディーラーなどの業者に頼んでしてもらう車検より安い費用で出来ることで人気ですが、では一体どれだけ費用に差がでるのかご存知ですか?

普通に車検を受けた場合の相場として、1t~1.5t以下の車で例えてみますと、あまり不良箇所がなく、ブレーキパットやオイル交換などの簡単な整備を行なった車検の場合、ディーラーですと12万円前後料金がかかります。

これがユーザー車検になった場合は検査量や代行手数料、点検料金が掛かってこないため必要最低限の費用のみの支払となります。

必要最低限の費用とは
・重量税2年分¥37,800、
・自賠責保険料2年分¥22,470、
・検査手数料¥1,800円、
・検査登録印紙代¥1,100、
合計¥63,170です。

ディーラー車検と比べるとその差額は¥57,000円とおよそ半額で車検が受けられる計算になります。

あとは初めて車検を受ける車の場合は、これにリサイクル料金がプラスで掛かってきます。

同じユーザー車検でも全てを自分で行なうのではなくて、民間車検工場に出して行なうユーザー車検を行なったとしても、これに代行手数料と簡単な点検、検査量がプラスされますが、それでも7万~8万円の間で車検が受けられます。

この差額の大きさからユーザー車検は人気があります。

車がこれより小さくなればもっと費用はおちますし、大きくなれば上がりますが、それでもディーラー車検に比べるとかなり安価です。

ユーザー車検で気をつけて欲しいのは整備面です。
車のメンテナンスを自分で行なえる人は問題ありませんが、極端な話、バッテリー液やエンジンオイルの具合も見られない人にはオススメできません。

それでもユーザー車検を受けたい場合は、車を少しでも長持ちさせるためと、乗る人の常識として、定期的に整備工場等できちんと点検を受けるようにしましょう。

ディーラーなど業者で車検を行うなら、インターネットで予約できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする