ユーザー車検の必要書類とは?

ユーザー車検の必要書類について

ユーザー車検を受ける場合、スムーズに検査が進むように前もって必要書類の準備をしておきましょう。

必要な書類とは、

・車検証(通常はダッシュボードの中の車検証ケースに入っています。社内に置いておくことが法律で定められています)、
・自賠責保険証明書(現在のものと、次の車検満了日までを満たしているもの2枚が必要です)、
・納税証明書(毎年5月に発行されるものです。車検年の納税証明書はしっかり控えておきましょう。万が一紛失した場合は市役所で再発行してもらいましょう)、
・継続検査申請書(車検場で購入して記入します)、
・自動車重量税納付書(車検場で記入します)、
・自動車検査表、
・点検整備記録簿(車についている整備手帳でも可)

が必要になります。

また初めての車検の場合はリサイクル料金が掛かってきますので、車検場でリサイクル券を購入しなければなりません。

このほかに用意するものとして印鑑が必要になってきます。
実印ではなくて認印で構いません。

一つでも不備があるとせっかく車検場に行っても車検を受けることができず、無駄足を踏むようになりますので、十分確認してからユーザー車検に挑みましょう。

書類の意味が理解できなかったり、不安が少しでもある場合は、業者の人に尋ねるか、無理をせずディーラーなど業者で車検を依頼しましょう。

ユーサー車検代行も一つの手段です。
継続検査はユーザー車検代行でも車検を受けることができます。

ただし初回の車検や、改造車輌の場合は、陸運局でも検査が必要になってくるので、その点は気をつけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする