軽自動車の車検をする期間や必要書類などについて

軽自動車の車検はお得?

軽自動車の魅力は税金の安さ、燃費の良さ、小回りの良さと車検の安さではないでしょうか。

普通自動車と比べて軽自動車の車検は比較的簡単で早いです。

ディーラーなど業者で車検を依頼すると6,7万円が相場になりますが、ユーザー車検になるとその半額程度までコストダウンできます。

より安全なのははやりメンテナンスもあるディーラーなどでの車検ですが、定期点検などしっかり行なっているのならばユーザー車検もオススメです。

軽自動車の車検を予約する!

たとえ軽自動車の車検が簡単であっても、まえもって1,2週間前までには車検の予約は入れておくようにしましょう。

事前に予約が入っていればスムーズに車検を終わらせることができます。

また業者によっては早めの予約特典としてオイル交換無料だったり代行手数料割引があったりとお徳なプランもあったりするので、それらを上手く活用しましょう。

軽自動車の車検の期間について

軽自動車の車検期間は新車購入時の場合、最初の車検は3年後になります。

2回目以降はその2年ごとに車検を受けなければなりません。
これは普通車の車検と年数は同じです。
意外に2年ごとになるとあっという間に車検が来てしまう感じがします。

購入先の販売店がアフターもしっかりしている所の場合は車検が近くなると葉書で通知してくれたりします。
しかし自分の車の管理は自己責任です。
車検切れにならないように注意しましょう。
もし車検切れの車の走行は立派な違反行為になりますので。

軽自動車の車検の必要書類とは?

軽自動車の車検を受けるとき、必要書類を揃えておかなくていけません。

一つでも不備があると、車検が受けられなくなり、期限までに間に合わないということになり兼ねないので十分気をつけましょう。

とくにユーザー車検の場合は誰もチェックしてくれません。
業者に御願いする場合は、しっかりチェックしてもらえますが。

では何が必要かというと、
・自動車車検証、
・自賠責保険証明書、
・継続検査用申請書、
・自動車納税証明書、
・定期点検整備記録簿が必要です。

納税証明書は税金を納めたときに車検年の場合は意識して保管しておかないといけません。
忘れないように車検証と一緒に保管しておくと良いでしょう。
書類は不備の無いように車検前に揃えて置くようにしましょう。

車検を予約するには

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする