トヨタ アルファードの査定額の相場

トヨタ アルファードの査定額の相場

アルファードはトヨタ自動車の最上級クラスのBOX型ミニバンで、男性を中心に人気のある車種の一つです。
アルファードは一つ上の高級感をもったクラスのラグジュアリーなイメージの贅沢なミニバンでトヨタの中でも高級車の一つに入ります。

53toyota_alphard_satei_souba

以前は燃費の悪さがネックとなっていましたが、現在は改良が重ねられてJC08モードで17km/lの低燃費を実現するに至ります。

また、一時は販売中止となり市場から姿を消したアルファードハイブリッド車も近年再び販売が開始され、再び注目が集まるようになりました。

現在では色んな車種でオプションとして取り付けが可能になったパノラマビューモニターですが、アルファードが初めてオプションとして設置された車です。

アルファードは根強い人気から、中古車でも比較的高値で取引されています。
その影響は当然ながら査定額にも現れており、現在でもアルファードの査定額の相場は高めになっています。

私自身も1年前に車の買い替えでアルファードを売却しました。

H16年式の4WD、3.000ccの黒の8人乗りタイプのアルファードで査定額は130万円ぐらいでした。
走行距離も5万キロ未満で修復歴もない比較的程度の良い状態でした。

当時はびっくりしましたが、調べてみるとアルファードの査定額としては相場だったようです。

平成14年式のアルファードでもハイグレードなると120万円を越すほどです。

走行距離なども少なめで状態がよければもっと高い査定額が出ることもあります。
7人乗りタイプも人気が高く、こちらもH20年式で走行距離が4万キロ未満の場合、相場で約250万円ぐらいの査定額が出ています。

これだけの高額査定が出るほど人気の衰えない車種ということですね。

実際、ミニバン独特の広い空間を贅沢に味わえ、乗り心地も非常に良かったです。

現在はアルファードに並ぶトヨタのミニバン、ヴェルファイアと肩を並べています。
ヴェルファイアが若者向けなら、トヨタは大人の落ち着きをはらったミニバンといったイメージですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする