車査定の判断基準について

車査定の判断基準について

車を売る時は中古車買取業者や、ディーラーなどで車査定を受けると思いますが、中古車の車査定基準があるのをご存じですか?

車査定の判断基準の基本はエンジンや部品といった車体の状態、内外装の状態ですが、それ以外にメーカー、車種やグレード、年式や走行距離が判断基準となってきます。
こういった情報をもとに査定額が算出されます。

中古車市場業界ではある程度車査定額が決められており、買取業者や下取車などの査定額はそれらを基準にして、車の状態により価格が変動してきます。

その基準となる査定額を決めているのは日本自動車査定協会という機関です。
業者は日本自動車査定協会の定める中古自動車査定基準に基づいて買取価格を算出します。

査定額は事故歴、つまり修復歴の有無でも変わってきます。
この事故車・修復歴の定義も中古自動車査定基準に従って査定されています。

修復歴車は自動車の骨格等の交換、修理がおこなわれた車を指し、それ以外の軽度な損傷による修復の場合は、修復歴車の扱いにはならないそうです。

このように車査定はあらかじめ用意された判断基準を基に行われているのです。

各業者で査定額に誤差があるのは、その業者で定められた細かい査定基準によるものです。
これにより業者によって数万円の違いが出てくることもあるため、複数社での査定を受けることが望ましいです。

また、査定額はその車の人気度やモデルチェンジの有無、オークションでの市場価格等も影響してきます。

車査定を受ける際は、自分の愛車のおおよその査定額の相場を下調べしておくことも大切です。

中には通常の平均査定額より極端に低い額を提示して車を買い取って高値で売ろうとする悪質な業者もいます。
そうした詐欺まがいの業者の手に掛からないためにも、ある程度の査定額を事前に知った上で査定を受けるようにしましょう。

最近ではネットを使って簡単に査定額を知ることができます。
また、複数社の一括無料査定を行えば、どの業者が一番高く買い取ってもらえるかも簡単に知ることができますよね。

愛車の市場価格を知る手段としてもとても便利なものなので、是非利用してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする