車売却の際の還付制度について

車の売却をした後の還付制度について

車売却をした後に自動車税や自賠責、リサイクル料の還付制度があるというのをご存知ですか?

もっとも最近では中古車買取業者がこの還付金を含んだ金額で査定を出すため、案外売却する側は何も知らないということも珍しくありません。

通常は元の持ち主側に返還されるお金のためか、トラブルが多いのも事実のようですね。
車を売る側も中古車買取業者側のシステムを十分に理解した上で売る必要がありますし、買取業者側もお客様に対して十分に理解できる説明をする義務があります。

過去に車を売却したことのある人なら還付制度の経験があると思います。
還付制度とは車を売却して、名義が変更された場合に、月割りで税金が払戻されるシステムです。

毎年5月に支払う自動車税の場合で言うと、車を8月に売却した場合の還付金は、9月から翌年3月までの税金分となります。

ちょうど3月末で車を売却し、4月1日で名義が変更された場合は、還付される税金はありません。

リサイクル料金は、新車購入時にリサイクル料金を支払いした車両の場合は、売却の際に次の車の所有者、つまり中古車買取業者側からリサイクル料金の支払いを受けなければなりません。

自賠責保険料の還付は、売却した車を廃車処分した場合のみ還付されます。
名義変更のみの場合、これらの税金の還付はありません。

通常、車を売却したら中古車買取業者側で事務処理を代行して行われるため、自動車税は中古車買取業者側が一旦受け取るようになります。

ここで契約にきちんと還付税金額はあらかじめ査定料に含まれているのか、後日返金されるのかの説明を十分に行わなければなりません。
ここが曖昧になるとトラブルのもとになります。

悪質な業者の場合、売却側が知らないのを良いことに、還付金を査定額にも含まず、後日返金もなされないとうこともあります。

自動車税は、車を売却したら納税者に対して還付されるべきお金である、ということを覚えておきましょう。

売却する際は、トラブルにならないためにも、事前に業者に還付制度について聞いておくことが大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする