スズキ ジムニーの査定額の相場

スズキ ジムニーの査定額の相場

スズキのジムニーはスズキを代表する4WDの軽自動車でクロカン車です。
ジムニーは発売以来40年を経過しても今もなお人気の高い軽自動車として有名ですね。

56suzuki_jimny_satei_souba

一部ではマニアの人も多く、古い年式のものを好んで乗っているという人もいます。
私の知人もその中の一人ですが、走行中止まるんじゃないだろうかと不安になるほど古い車でしたが、乗っている本人は、それがジムニーの味なんだと随分とご満悦だったのを覚えています。

そんな、多くの人に親しまれているジムニーですから、当然と中古車市場での需要も高いといえます。
そのため、査定額の相場も比較的高いと言えます。
ジムニーは流通量も多いため、買取の相場は安定していると言われています。

例えば8年落ちジムニーでも走行が5万キロ以下であれば60万円ぐらいが査定額の相場となっています。
10年以上も古い年式で、走行も12万キロを超えているものですら30万円ぐらいの査定額が相場となっており、ジムニーの査定額の相場の高さがわかります。
正直軽自動車でここまで高値で取引される車は珍しいのではないでしょうか。

勿論、ジムニー全部がそうだという訳ではなく、グレードや色、人気車種でこの査定額の相場は変わってきます。
傾向としては昔の角ばった形のジムニーが好きだという人も多く、古い年式のジムニーを探してる人も多いです。
ゆえにジムニーは年式が古くても高値で取引されているのでしょう。

軽自動車というのは、やはり普通自動車に比べて中古車でも価値が落ちにくいといわれているのは本当のようです。
購入費、維持費は高くても中古車になるとグっと値が落ちるのが普通車であり、しかもコンパクトカーなどの部類はその差は激しいです。

しかし、軽自動車は購入費もそこそこしますが、5年乗ったあとでも十分に元が取れるほどの査定額がついており、乗っている間の維持費も普通自動車に比べて安いです。

ジムニーは乗っていて楽しい車だと友人は言っていましたが、好きな人にはたまらない魅力をもった車なんでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする