スズキ ラパンの査定額の相場

スズキ ラパンの査定額の相場

スズキは軽自動車販売台数ではトップクラスを誇るディーラーです。
スズキが販売する自動車の中でも販売当初から女性の間で根強い人気を持ち続けている車が「アルトラパン」です。

ラパンは発売当初から多くのボディーカラーを売りにもしており、カラフルで可愛い軽自動車という印象がありました。
トップを白にした、ミニローバー風の風貌が印象的ですよね。
現在ではパステルカラーのボディーカラーも展開されて、室内外ともに改良されてより印象的なラパンへと変化を遂げています。

61suzuki_lapin_satei_souba

そんな人気の軽自動車ゆえ、中古車市場でもラパンの需要は高く、中古車であっても比較的高値で取引されているようです。
スズキラパンの査定額は発売当初の初期モデルですらいまだに数十万円と二桁の値がつくとも言われています。

さらに走行距離が10万キロぐらいあっても一桁になることはあまりないようですね。
正直、コンパクトカーといわれる普通自動車では考えられない査定額です。
コンパクトカーよりもラパンのほうが中古車業界では需要が高いという証拠でしょうね。

査定額の相場は年式や走行距離によって違いはあるものの、ラパンの査定額は全体的に高めということは間違いないでしょう。
例えば5年落ちのラパンの査定額の相場は90万円ほどあります。
正直5年落ちでここまで高い査定額に驚きです。

実際私も発売開始直後にラパンに乗っており、5年使ったあと売却したことがあります。
そのときも、買取査定額の高さに驚いたのを覚えています。
その当時、5年落ちで走行距離は5万キロ程でしたが、モデルチェンジ後でしたので、少し査定が落ちて75万円ぐらいでした。

その後、某コンパクトーカーを5年のって査定に出したときは走行も5万キロ程度でほぼラパンの条件と変わりありませんでしたが、査定額はたったの35万で、違う意味で驚きましたね。

購入額もそのコンパクトカーのほうが高かったのに、査定額がラパンを下回る事実に驚愕です。
それほどこのラパンと言う車が人気者である証拠なのでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする