BMW 3シリーズの査定額の相場

BMW 3シリーズの査定額の相場

BMWはドイツの有名な自動車メーカーであり、中でもBMWの3シリーズはBMWの中核ともいえる主力モデルの車です。
ライバルにはあのメルセデスベンツのCクラスが匹敵し、人気を競いあっているモデルです。

62bmw_3_satei_souba

1975年の発売から40年弱たった今でも人気が高く、BMWの最多量販売車種となっています。
BMWは軽快なハンドリング、安定性に非常に優れた車でスポーティと楽しさを追求した車作りが徹底されており、日本では輸入車ブランドの人気調査でも上位に入るほどのメーカーです。

さて、そんな人気の高い輸入車、BMWの3シリーズですが査定額や買取相場はどうなのでしょうか?

輸入車の特徴として全般に言えることですが、購入時は高くて、下取りや買取り時は安い、といったイメージがあります。
BMWも例外ではありませんが、人気度や年式、走行距離など車両の状態によって、査定額相場にも違いがあります。

例えば若者に人気のカブリオレで見てみると、2007年式、走行25,000km以下で300万円ほどの査定額が相場となっているようです。
走行距離が少ないほど査定額が高い傾向にあり、10万㎞弱になると査定額の相場も100万円を切る場合もあります。

ただ、BMWは輸入車の中でも需要が高く、新車には手が届かないが、程度の良い中古車を求める人が多いのもまた事実であり、走行距離が短めで人気の車種であれば、ある一定のところから値下がりしにくいといった感もあります。

少しでも愛車を高く手放すには、車を奇麗にして、査定時の見栄えを良くし、良い印象を与えることも、査定額を上げるためのポイントになります。

また外車は日本車と違って、買取相場がわからないだろうと、考えられないくらいの安値で買い取り、高く売って儲けようとする悪質な業者もなかにはあります。

適正な価格、少しでも高値の査定額が出るように、複数の業者での査定額の見積もりを出してもらうようにしましょう。
また、事前に査定額の相場を知ったうえで、査定を受けることも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする