トヨタ ヴィッツの査定額の相場

トヨタのヴィッツの査定額の相場

トヨタのヴィッツといえば、コンパクトカーで初めて高い燃費を誇るエコカーとして先駆け的に発売された車ではないでしょうか。

71toyota_vitz_satei_souba

発売当初の印象は強く、燃費の良さ、小回り、社内空間が充実した車というイメージです。

同時期にはデミオやマーチが人気を集めていましたが、トヨタのヴィッツが発売されるや否や人気を独占したのは言うまでもありません。
とくに若い女性からの支持が強く、爆発的なヒットを記録し、現在も売上を伸ばしている代表的なコンパクトカーとなりました。

しかし、コンパクトカーの玉数が市場に溢れていること、同クラス性能のコンパクトカーの増加、またヴィッツを上回るコンパクトカーの出現により現在は少し需要の面では劣ってきているといわざるを得ません。
最近は新車でも100万円を切るコンパクトカーも増えており、中古車市場においてもコンパクトカーは軽自動車以下の価値となる車も珍しくありません。

ではヴィッツの査定額の相場はどのくらいになるのでしょうか?
おなじヴィッツであってもやはりグレードや走行距離、色、年式によって査定額の相場は違ってきます。

例えば平成22年式のターボ車、走行は2万5千キロ以下の場合で平均査定額は73万円と言われています。
走行が5万キロを超えると査定額も50万円を切る場合も出てきます。

正直、ヴィッツに限らずコンパクトカー全般で言えることですが、中古車市場においてコンパクトカーの需要は軽自動車以下といえるため、どうしても軽自動車に比べて査定額が低くなりがちです。

少しでも高く買い取ってもらうためには、しっかりと愛車のセールスポイントをアピールしたり、綺麗な状態で査定をし、印象を良くすること。
あとは複数社で査定の見積もりを受け価格競争をすることではないでしょうか。

最近はネットを使って複数社で一括査定見積もり依頼も簡単に出来るようです。
こうした便利なサービスを使って1円でも高く愛車を売る努力をしていきましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする