トヨタ マークXの査定額の相場

トヨタ マークXの査定額の相場

トヨタのマークXはセダン型の乗用車で中型高級車の部類に属します。
昨年は販売台数が年間で18,530台とも言われ、市場では比較的人気の高い車だということがわかります。

74toyota_markx_satei_souba

マークXは1968年から2004年までの36年間の間、マークⅡとして親しまれた車の後継車として開発されたもので、走りに重点を置いたスポーツセダンとして登場しました。
登場以来、マークⅡの人気を引き継ぐ形で今もなお人気を伸ばし、若者から年配の男性まで幅広い年齢層で支持されています。

マークXは個人用タクシーや覆面パトカーとして多く使用されていることから、使い勝手や乗り心地の面でも文句なしの乗用車といえるのかもしれませんね。

マークXの買取査定額の相場はどのくらいなのでしょうか?

マークXにはスタンダード、プレミアム、スポーツの3タイプのモデルがあり、中でも人気なのがプレミアムタイムのLパッケージやスポーツタイプのSパッケージだと言われています。
静粛性がとても高く、高速道路では快適な走りができるマークXは日本人のための車とも言える車で、装備も充実しており乗り心地は助手席にまで配慮された抜群の快適感を味わえるそうです。

そのため中古市場でも人気が高く買取査定額もこのタイプの車にしては比較的高いのではないでしょうか。
2009年以前のマークXを見ると走行4万キロ未満だと人気のSパッケージで150万弱の相場となっています。

それより以前の年式になると100万を切ってきますが、普通車でもコンパクトカーに比べ、やはりセダン型のこの種の車は比較的買取最低額も残っているといった印象を受けます。

マークXは2010年以降のモデルになると買取査定額の相場も一気に上がってきます。
やはり人気の高い年式になってくると、需要が多いので査定額も高値となります。

車を売却する際は自身の愛車のセールスポイントをしっかりアピールして少しでも高値で取引できるようにしっかりと交渉していきましょう。
またネットをつかって事前に複数社で見積もりを取るなどし、便利なサービスを活用していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする