スズキ スイフトの査定額の相場

スズキ スイフトの査定額の相場

スイフトはスズキから発売されたコンパクトカーの一つで欧州、アジア、オセアニア市場での売り込みを狙った世界戦略車とも言われています。

81suzuki_swift_satei_souba

現在のモデルは3代目となり、今もなおスポーティーなデザインや安定したシャープな走行性能がうけ人気となっています。
DOHC VVTエンジンが快適な走行性を導いており、ABS、ブレーキアシストを標準装備するなど安全性能を見ても申し分のない作りとなっています。

スイフトはこういったことが中古車市場でも評価が高く安定した需要を誇り、買取査定額にもそれが表れているといいます。
また、リッター23.0kmと大変燃費の面でも優れていることが魅力の一つでもあります。
特に2010年のフルモデルチェンジ以降のスイフトが人気で高価買取も期待できる車種です。

ただ、スイフトにもいくつかのグレードがあり、グレードや色、装備、走行距離といった条件で買取査定額にも大きく影響してきます。

最近はカラフルなボディーカラーを展開する車も多いですが、やはりよく出るカラーは無難なブラックやホワイトといったところです。
シルバーなどのカラーになると同じグレードや走行であっても査定額に大きな差が生じることも珍しくありません。

スイフトの査定額の相場をみると2010年式で70~110万円といったあたりです。
モデルチェンジ前の2009年式になると60~90万といったところが相場のようです。

また業者によっても価格差が出てきますので、買取を希望の場合は一つの業者に限定せず複数の業者で見積もり査定を受けることをおすすめします。
最近はインターネットを使って簡単に一括査定できるシステムもあるので、そういった便利なものうまく利用して効率よく査定を受けてみましょう。

コンパクトカーによくありがちですが、コンパクトカーは買うときは高くて売るときは安いという傾向があります。
スイフトも例外ではなくグレードなどの条件によってはびっくりするぐらいの低い査定額を提示されることもありますので、事前に下調べをしていくことも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする