トヨタ ウィッシュの査定額の相場

トヨタ ウィッシュの査定額の相場

トヨタのウィッシュは2003年にトヨタ自動車から発売されたステーションワゴンタイプの車です。

85toyota_wish_satei_souba

ウィッシュはライバルであるホンダのストリームに対抗して発売されたと言われているだけに、値段も形状もどこか似た雰囲気さえ感じます。
ただ、ネームバリューもさることながら、トヨタのウィッシュはホンダのストリームに比べわずかの差ながらも車体が安価なうえ、内外装が上質ということで人気を得ています。

また、シートアレンジにより荷室も広く確保することができ、イプサムユーザーをも取り込んだ人気車種となりました。

2009年にはフルモデルチェンジが行われ、その後も堅調な売れ行きとなっています。
ただ、一方でこうしたスタイルのミニバンは若干減少傾向にあり、少し人気が低迷しているのも事実です。

小さすぎず、大きすぎずを求めるユーザーにとってウィッシュは使い勝手の良いミニバンと言えるのでしょう。

だんだんと以前は5ナンバーだったミドルワゴンが減少し、ほとんどの車種が全幅がワイド化されて3ナンバーへと変化してきました。
ウィッシュも例外ではありませんが、こうした変化が敬遠されるなかでもウィッシュの人気は安定しており、ステーションワゴン、ミニバンとしての定番車種となっているようです。

ウィッシュの中でもとりわけ高価な査定額が期待できるのは1.8Sや2.0Zといったスポーツタイプのエアロ装着車です。
フルモデルチェンジ前の平成18年式のZグレードでみると、走行が3万キロ未満であれば査定額も100万円を超えています。
平成15年式の車でも1.8Xなどは走行が5万キロ未満であれば60万前後と高い査定額の相場となっています。

もともとウィッシュはそれほど高い車ではないですが、9年たっても60万円の査定額がつくというのは人気がある証拠で、中古車市場でも需要が多いということでしょう。

色は主に黒、シルバー、パール、白といったボディーカラーが中心で、それ以外のカラーになると査定額も変わってきます。

他にもさまざまな条件で査定額は変化してきますので、一つの業者だけでなく、いくつかの業者で査定を受けることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする