ダイハツ ミラの査定額の相場

ダイハツ ミラの査定額の相場

ダイハツといえば今はタントかもしれませんが、タントの登場前はミラがダイハツを代表する軽自動車でしたよね。
今でもミラは幅広い年齢層の女性を中心にのりやすい車として親しまれています。

96daihatsu_mira_satei_souba

1980年に発売されて以来、支持され1991年には国内販売台数の記録を作ったほどです。
現在のミラは7代目となっていますが、中古車市場では旧モデルもいまだ人気でココア、ジーノの需要も高いようです。

ココアはCMもかわいらしく女性をターゲットとしたつくりになっています。
ボディーカラーもパステル調のものを使い、室内外装ともに四角いながらも丸みを帯び、室内空間を広くしています。
居住性能も良く、収納も豊富であちこちに女性らしい工夫が施されているのが特徴の一つといえます。

女性らしさより、格好よさを好むひとにとって、ダイハツミラカスタムも人気です。

また、ダイハツミラのメリットはなんといっても燃費の良さや小回りの良さではないでしょうか。
ゆえに女性に愛され続ける車として人気なのでしょうね。

そんなダイハツミラの査定額の相場はいくらぐらいなのでしょうか?
売却をお考えの場合、まずは自身の愛車の査定額の相場を把握しておくことが大切です。
何も知らないで業者にまかせっきりにしておくと、足元をみられ思いのほか安く買い取られるといったケースも少なくありません。
そういった損をしないためにも、1円でも高く売る努力は惜しまないようにしましょう。

ダイハツミラの直近3年の査定額の相場はカスタムRSの場合で90万円前後といったところですがこれはかなり良い方の査定となります。
一般的には走行が3万キロを超えていれば30~50万といったところが相場になってきます。
走行距離が多ければ20万円を切ることもしばしばです。

その他色やグレードによっても査定額に違いがありますが、軽自動車にしては少し低めなのかもしれません。
中古車市場において、需要が高いミラでも流通量が多ければどうしても査定額に影響してくるのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする